今日もいい天気~!!バイク乗りたい!
ここ最近ずっとホームページの更新で休日出勤が続いています。
やっと問い合わせフォームが動くようになった、、、、ホッ。
CGIとかPHPとか、あーもう頭がバクハツしそうです。

・・・ちなみに学生時代に専攻していたのは家政科(被服)です・・・

でも、ほんの少しずつ進んでます。
その他にも別の会社のHPを新規で2つ立ち上げるので、そりゃもう、何から手をつけていいかわからない状態なわけですよ。。。ストレス溜まってますので、みなさま日曜日とかに喋りにきてください(笑)

 

忘れないうちに(笑)今回はフェリーについて書きたいと思います。どちらも2ヶ月前の発売の日に予約しました。
乗船する時に車検証要ります。

関西⇔九州のフェリーはいくつかあります。
■名門大洋フェリー http://www.cityline.co.jp/
■さんふらわあ http://www.ferry-sunflower.co.jp/
■阪九フェリー http://www.han9f.co.jp/
■宮崎カーフェリー http://www.miyazakicarferry.com/

今回、利用したのは行きは名門大洋フェリー、帰りはさんふらわあです。

名門大洋フェリーはゴールデンウイークでも割引がありました。11190円
54

二等洋室は2段ベッドみたいな感じ。カーテンでパーソナルスペースも確保できるし、1つコンセントも付いていました。おまけに、レディースのお部屋にしたので、バスタオルもサービス(社長とHさんのところにはバスタオルサービスは無かったみたいです)レディースのお部屋は暗証番号を入れて入室するシステムでした。
53

お風呂は18時半となっていましたが、その前から入っている人がいました。船に乗り込んだら速攻お風呂。
あまり広くないです。ドライヤーとかシャンプーはありました。

51

食事は『レストラン派』と『持ち込み派』がいらっしゃいました。レストランはそんなに広くないので、お風呂入ったらこちらもすぐに行ったほうがいいです。持ち込みの方はまず場所確保が必須です!
我々はレストランへ。バイキング形式でした。1550円くらいだったかな、お酒別です。19時50分の出港時はまだ食事してました。

50

 

明石海峡大橋を通過する時はアナウンスがありましたよ

21

 

GWはすごい数のバイクですね。到着からフェリーをバイクで出るまでに40分近く掛かりました。
48

 

そして、帰りのフェリーはさんふらわあです。

49

 

運賃は16890円。行きよりも5000円くらい高いです。繁忙期以外は結構割引があるみたいですね。今回は割引無し。

46

 

出港が19時15分でした。フェリーに乗り込んだのがたぶん1時間前くらい。こちらも速攻お風呂、そのあと速攻でレストラン。バイキングのお値段は名門大洋フェリーと似た感じ、1500円前後だったような。
お風呂以外にもシャワールームもありましたよ!お風呂は展望風呂、そんなに広さは無かったです。到着が6時35分の便だったのですが、朝5時15分からお風呂入れました!こちらもドライヤーとシャンプーとかありましたが、ロッカーが100円(使用後戻ります)必要でした。

47

お部屋はねーーー5000円高い割には『ツーリスト』という雑魚寝のお部屋。こちらは一人のスペースが60センチくらいしかないです。狭いです。個々にコンセントとかもありません。こちらでもレディースのツーリストにしました。名門大洋フェリーのように暗証番号も無く、男性も入り口を開けるので(!)ちょっと着替えしにくかったです。写真は朝。早朝はソファーが空いてました、夜は全然落ち着けるスペースが無い感じ。

43

明石海峡大橋は到着1時間前くらいに通過

44

バイクは到着後アナウンスされるまで待機です、こちらも結局40分近く掛かった気がします。

45

 

行きも帰りも寝られないかなと思いましたが、、、寝ちゃった。生命力強いかも(笑)