バイクを買いたいと思ったら、どこに買いに行けばいいのでしょうか。この記事では、よくあるバイクの購入手段や、それぞれのメリットデメリットなどについてまとめています。

メーカーの直営店で買う

直営店でバイクを購入することはかなりおすすめです。大手バイクメーカー4社すべてに直営店があり、大きな町であれば必ずあります。自社製品の知識豊富なスタッフが常駐しているので、スムーズに売買を成立させることができます。

デメリットとして、そのメーカーの車両しか取り扱われていないことがあります。車種やブランドの目途をすでにつけているのであれば、直営店で買っても問題ないでしょう。

正規代理店で買う

車両の委託販売を正式に認められた正規代理店で購入するという方法もかなり一般的です。正規代理店で買うことのメリットは何といっても他社製品との比較検討ができることであり、ベストな購入につながる可能性が高いということです。

ネットを介した購入もできる

現代はネットの時代です。ヤフオクやメルカリなどでも車両が出品されていますので、このようなプラットフォームを利用することもできます。デメリットとして、アフターフォローがほとんどないことがありますので、このあたりもきちんと加味して、検討しましょう。