バイクの取得を検討している人にとって、コストは最も気になることなのではないでしょうか?ここでは、バイクの購入や維持管理に要するコストについて纏めています。

初期費用

購入時にかかる費用は以下の通りです。

– 車両代

– 保険代(自賠責、任意)

– 代行手数料

– ナンバー取得代

– オプション代

などがあります。実際にどれくらいかかるかはケースバイケースですので、事前に見積もりを出してもらうことがベストでしょう。

車両購入時にオプションの追加を勧められることがありますが、純正のものよりもサードパーティー製のもののほうが圧倒的にコストを抑えられます。初期費用を抑えたいのであれば、サードパーティーのオプション利用がおすすめです。

維持管理費用

維持管理費用は以下の通りです。

– 税金(軽自動車税)

– 駐車場代

– 車検代

– 燃料代

– ローン(あれば)

– 保険料(自賠責、任意)

人によっては月に数万円単位でお金が飛んでいくことがあります。初期コストだけではなく、このようなアフターコストも考慮するようにしましょう。

上記の費用は定期的に発生するものですが、他にも以下のようなコストがかかります。

– 修理代

– 事故処理代

– 廃車、譲渡などで発生するコスト

快適なツーリングライフを送るためにも、以上のようなイレギュラーなコストにスムーズに対応できるだけの最低限の資金を確保しておくようにしましょう。